« VISAカード不正使用に会う。 | トップページ | 喫茶店 »

2007年11月11日 (日)

受賞

若い女子大生の芸術家を応援するのは、
鼻の下が長い話かもしれないが、気持ちの良いものである。
この年になれば、これくらいのわがままは許されて当然と思うのだが。

Fi28_1e 友人の娘さんも、芸術家(木版画)である。
去年大阪で個展を開いたときに、
友人から案内があったので駆けつけた。
本箱に彼女のちいさな作品(ドローイング)が飾ってある。
お気に入りの可愛らしい作品


以上は前説である。以下は本題の”受賞”のお話(写真家(?)の彼女)

応援して、賞を取れば、何か自分の中に、達成感が生まれ、心地良いものである。

以下は友人を通じて送った、エールの文章

今、CメーカのHPから、画像が小さいながらも鑑賞できました。
他の5作品よりも、ノスタルジーを感じますね。
空間の切り取りのタッチが好きです。

60年代のアメリカのテキサスあたりのうらぶれた様子と重なるものがあります。
当時、ベトナム戦争前、
第二次世界大戦以降のアメリカの農村部の貧困をテーマにした写真だったと思います。
雑誌(写真雑誌)の名前は忘れました。
映画で言えば、”エデンの東”の時代です。
彼女のあずかり知らない時間(時代ではありません)ですが。

”まばたき”の意味が”もひとつ”理解に苦しむところです。
これは、時間が流れって行って、
その瞬間の切り取り(写真による)・・・
人間の目のまばたく一瞬のことでしょうか?

この写真の味わいは白黒写真でしか、味わえないのですが、
実物大で鑑賞したいものです。

さぁー今度は、お祝いだ!!

|

« VISAカード不正使用に会う。 | トップページ | 喫茶店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VISAカード不正使用に会う。 | トップページ | 喫茶店 »