« 肋骨(1本)骨折する。二十六日目 | トップページ | 確定申告書を税務署に提出 »

2008年2月27日 (水)

Tears in Heaven

最近、エリック・クラプトンの「 Tears in Heaven 」の曲を知ることになった。

http://www.eric-clapton.co.uk/ecla/lyrics/tears-in-heaven.html

英語の歌詞や訳詩を教えてもらった。
歌詞や訳詩を知らないで、聴いていたときより
わかってから聴いてみると、自然と涙が出てくる。

それは、それで良いのだが

天国で亡くなった自分の娘に会えないはずはないだろうし
きっと見つけてくれるだろうし、
永遠の時間を享受できるだろうし
悲しい思いは、もー終わりのはずだし

どうして、息子が見つけてくれないと思うのだろうか

感じかた、考え方が違うのだろーか。

息子はきっと自分を見つけてくれる。

なんで ”Would” なんだ。

きっと手をつないでくれるし、抱き上げたら喜んでくれるし、
あの時と変わらない時間を共有できるはずだし
時間があのときに戻ると信じないのだろうか。

私なら、自信を持って言える

きっと娘に会える。

私の部屋の本棚には、天国で娘と会うために持って行くものが
用意してある。(きっと見つけてくれるように)

父の日に貰ったプレゼント!

|

« 肋骨(1本)骨折する。二十六日目 | トップページ | 確定申告書を税務署に提出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肋骨(1本)骨折する。二十六日目 | トップページ | 確定申告書を税務署に提出 »