« お雛さん | トップページ | ジャズ(娘との会話) »

2008年3月 3日 (月)

流れ星と願い事・死

昔、「流れ星」の詩をもらったことを
最近、思いだした。
今から、45年以上まえのこと。

流れ星を見て、見えている間に3回願い事を唱えれば叶う。
これがごく当たり前の日本の言い伝えらしい。

そのときに書かれた詩は
流れ星で 「人がどこかで亡くなっている(死んでいる)」 だった。

テレビとか見ていると、「願いが叶う」で話をされている。

長い間、その違いに違和感を感じていた。

日本以外では、「死」を
日本では「願い事が叶う」の違いがあるようだ。

ネットで検索すれば、いろいろ出てくる。
「三国志」や「マッチ売りの少女」では死
確か、流れ星とは関係が無いかもしれないが
キリスト降誕では、ベツレヘムの星が登場する。
キリスト降誕は、喜ばしい事柄だ。

滅多にない、流れ星をみて不吉な感じを受けるのか、
美しいので、願い事をお願いする雰囲気をかもしだすのか
民族性の違いなんでしょうか?

でも 「願い事」 の方が、長生きできそうだ。

今なら、明るく笑い飛ばすように流れを
「願い事が叶う」 ほうへ話を持って行く。

子供が小さかったときは、「願いが叶う」でお祈りした。
独身の時は、「人の死」でも良いが、父親になれば「願いが叶う」
でないと、父親らしくないと思う。

子供にはいつも夢を与えたい。

|

« お雛さん | トップページ | ジャズ(娘との会話) »

コメント

コメントありがとうございます。いつもかわらず、ちょっと「ほろ」とか「息抜き」ができます。

ひょっとしたら、初恋の人との遭遇を求めて?

なんとなく書いた文章です。

気分はいつも青春時代です。

ひょっとしたお迎えが近いのかもしれません。神様・仏様、よろしく!

投稿: awasan | 2008年3月 4日 (火) 14時16分

またまたお邪魔します。来んでもええと言われたら去ります。
流れ星 私は中学の時 清水の市営駐車場で犬を散歩させていた時に遭遇しました。
思わず「金 金 金」と三回唱えました。
その瞬間一番短くしかも意味もある言葉はこれしかないと思いました。でも今になって考えれば神様は金をどうしたいのかを聞いていないので分からないと言われるでしょうね。金が欲しい を三回言えれば願いがかなったのに。残念

awaさんは感性豊かな素晴らしい人ですね
羨ましい。
逆に私のように感性の無い人間の方が悩まない方が良いのかも。
人生未だ分かりません。

投稿: ノムコウ | 2008年3月 4日 (火) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お雛さん | トップページ | ジャズ(娘との会話) »