« 個人情報の垂れ流しか??? | トップページ | ユージン・スミスの写真展(国立近代美術館) »

2008年8月21日 (木)

ギャラリー六兵衞

0819065 ギャラリー六兵衛の紹介記事を同窓生のT君が書いていた。そこで、行ってみることにした。
京都に生まれ、京都育ちながら、ロクベイガマを知らず、その場所も解らずであった。
.

先日の六道まいりで、この地区は知らない場所ではないので、 行き当たりばったりで出掛けた。

0819066自宅から自転車で、暑いなか(8月19日)五条通りの北側歩道をひたすら東へ進んだ。鴨川を越えて清水さんの手前にあったお香やさんで場所を聞いた。
.

なんと、その店の南側にあった。蛇足だが、お香って量り売りをしているのですね。グラム単位の値段がお香に付けられていた。上等のお香はグラム単位で買うことが出来るのを始めて知った。

ギャラリー六兵衛の紹介記事(京都新聞)

倉のある敷地に入ると、倉は閉じられていた。隣のビルから女性が出て来たので、ギャラリーのことを聞くと、鍵を持ってきて案内された。なんとなく、じっくりと見る余裕もなく直ぐに失礼した。月単位で展示物を変えて行くそうだ。残念ながら倉の中は空調設備が無く(倉であれば当たり前かもしれないが)暑かったので早々に退散したのが実情だ。季節の良い頃に訪問するのが良いようだ。
絵画は2次元で、観賞するのにちょっと苦労するが、陶磁器は3次元で見ていて自然と伝わるものがダイレクトに脳に作用する。(自説)

グーグルによるストリートビューを”お終い”に掲載しておきます。(遊んでください!)

写真は8月19日より前のもので、前の道路工事は終わっていた。
工事関係者2人がいる向こうがギャラリーです。

 


大きな地図で見る

|

« 個人情報の垂れ流しか??? | トップページ | ユージン・スミスの写真展(国立近代美術館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 個人情報の垂れ流しか??? | トップページ | ユージン・スミスの写真展(国立近代美術館) »