« 山から拾ってきたツツジ・アセビ・シャクヤク | トップページ | 漢字が読めないので、読書が始まらない。 »

2009年4月21日 (火)

江戸から明治へ

先日、アマゾンに注文しておいた
『江戸の繁盛しぐさ 』が届いた。
閑な折に読み終えた。
少し、雑学的で閉口した。

先日のNHK BS放送 
『ハイビジョン特集  幻の色 よみがえる浮世絵』を見た。

この二つを関連しながら、

思いをはせると興味深いことが分かってきた。
明治政府は、江戸の文化を否定してきたようだ。
明治政府(薩摩・長州)は、
江戸の文化・習慣を否定する必要があったようだ。
薩摩・長州が既存の仕組みを破壊する必要に
迫られたのは必然だろう。

だから浮世絵も、江戸しぐさも否定された。

革命とか、戦争とかは、今まであるものが征服者によって
否定される運命にあるのだろう。

紹介してくれた、T君に感謝
悪のりして、コメントをMLに投稿してくれた、
U君にも感謝です。

次回もよろしく!

|

« 山から拾ってきたツツジ・アセビ・シャクヤク | トップページ | 漢字が読めないので、読書が始まらない。 »

コメント

ボストン美術館や、ベルギー王立図書館などが、
質の高い浮世絵を所蔵しています。
T君の云う通りです。
先日、お話したように本来の日本人の感性は
江戸時代で途絶えてしまいました。

投稿: wakita | 2009年4月22日 (水) 10時18分

浮世絵の良い作品は日本にはありません。宗教も文化も否定されました。
この金土曜日は画廊に居ます。
よかったらK君とお出かけください。
美味しいコーヒーがあります。

投稿: 前期高齢者 | 2009年4月21日 (火) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山から拾ってきたツツジ・アセビ・シャクヤク | トップページ | 漢字が読めないので、読書が始まらない。 »