« 北白川 【 にんじん 】  | トップページ | 手作りチョコレートを頂きました。 »

2010年3月 6日 (土)

ちょっと俳句を! (改めて、ちょっと和歌を!)

先日、何十年ぶりかに俳句 和歌 をたしなんだ。

【 再会の リラの香りに 春の日を
    暁覚え 俳諧す (徘徊す)

お知り合いの方に添削をお願いしたところ、
見事な二首が帰ってきた。

【 リラの香に また会う春の めぐりきて
        眠れぬままに 5・7・5並べ
 】

【 なやましき リラの香の春 また巡り
        寝ねがての夜の ひとり歩きせむ
 】

さすが感情表現が、はるかにストレート。

頼もしき、知己を得て幸いです。

また、awasan は何を血迷ったかと、
お叱りを受けそうです。

この一週間は、パソコンのソフトで忙しかったです。
ようやく、この仕事も終わりになりました。
電脳世界の仕事より、筆を携える仕事は、
はるかに創造的。

大学で勉強する学部を間違ったようです。

人間はパンのみに生くるにあらず、
されどパン無しでは生きられましぇん。

春の寝言でした。

追伸 3月7日

古典の覚えがないので、和歌と俳句の区別がつかないでいた。

俳句の記載がなく、和歌を詠んでいる。
もとより、本人は俳句を詠んだつもりで、実は和歌だった。

これで、俳句と和歌を並べれば良いのだが、
これ以上の 【お笑い】を振りまくのはやめておくことにした。

コメントありがとうございました。

やっぱり、早春の寝言でした。

|

« 北白川 【 にんじん 】  | トップページ | 手作りチョコレートを頂きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北白川 【 にんじん 】  | トップページ | 手作りチョコレートを頂きました。 »