« 今日の”あまちゃん” | トップページ | つながり »

2013年7月10日 (水)

ときに涙する

【ときには涙する】 なのか、【ときに涙する】 なのかは、別にして最近、ジーンとくることが多い。仕事をしているときは、こんなことは無かった。

母方の父・つまり祖父が、晩年に亡くなった娘のことをうわごとのように話していたらしい。
半分以上、ボケていたので会話にならない状態が続いていたのだろう。おじいさんには、人生最大の不幸だったのだろう。やっぱり、生きていればこそ、再会もある。わだかまりも溶けることもある。死んでしまうと、そこでぷっつり終わった気がする。これが、無常のひとつなんだろう。

別のことだが、若い頃読んだ”聞けわだつみの声”の印象が深かったせいか、医者から余命を告げられた人は、どんな気持ちになるのか気になる。なにげなくT君と会話していたが、彼はどんな気持ちだったのだろうか?こんなことを考えるのは、私だけだろうか?時間をもてあましているせいかもしれない。

その境遇にならないと、理解できない人間を創造した、神をうらむ。

|

« 今日の”あまちゃん” | トップページ | つながり »

コメント

亡くなったメールを見たのですが、彼女の記憶が無いのです。
名前は覚えていました。

現実問題として、死は近くまで来ている実感はあります。
 さみしいものです。

連チャンで山へ行きますが、楽しんできます。
 暑いやろーなー、持参する水も重たいやろーなー

投稿: awasan | 2013年7月18日 (木) 22時34分

39会メール何通か来て同級生が亡くなりましたとの事。やっぱり同級生辛いよね。私も後 何日? 何週間? 何年?
今日生きてるんだと言うことだけで、十分幸せ。もう贅沢は言わない。
山歩き 暑いから気をつけてください。

投稿: ノムコウ | 2013年7月18日 (木) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の”あまちゃん” | トップページ | つながり »