« Y君 お見舞いの続き | トップページ | 確定申告をしました。 »

2018年1月29日 (月)

喪失感・ネットの功罪・パワーハラ

 最近、この年齢になっても、人との関わりで苦労するものだと気づいた。

 5年前に、好意でインターネットの手伝いをしていたが、事前に断られる兆候があった。そして、断られるまでの過程で、ずいぶんな仕打ちを受けたと感じた。そして、ある日突然、クビになった。断られることには、異存はないが、断る方法が納得できない。仕事を断るにしても、紳士的な断りがあると思ったが、一方的な、クビだった。全体の流れからしたら、私の努力とか、才能が相手には理解できていなかったようだ。もう少し、私の才能が理解できていたら、断り方も敬意のある断り方だったと思う。結局、相手の人は、断られた私の気持ちが推測できないのだろう。相手の気持ちを考えたら、もう少し、ましな断り方があると思う。

 もう一題

 インターネットとかネットを使うのが生活の一部になってくると、大まかに言えば、すべての敷居が低くなったように思う。昔なら行動を起こすにも、時間がかかって、その間に、思い直す機会もあった。ところが、いい意味でもスピード時代で、今思ったことが、簡単に実現できてしまう。じっくりと考えれば良いことが、すぐに実行できるところに問題がある。

 先日、本来なら、個人あてメールが望ましい内容 (個人への叱責) メールがあるメーリングリストに投稿された。その個人の方は、どんな思いでメールを読まれたんだろうか?他人事ながら心配する。このようなメールは、ひと呼吸を置いてからメールすることを教わった。なにもすぐにメールすることはない。もちろん、個人あてにメールすることが必須で、いわゆるネットの炎上は、こんな気遣いで減らせると思う。。

 更に、一題:頭ごなしで叱られる。

 私の亡くなった父は、いわゆる尋常小学校を卒業して、たたき上げで商売人なった。中学校の時に、叱られて (父に反抗したため)、暴力を振るわれ、理不尽だったので、[ 殴れるものなら、殴ってみろ! ] と反抗した。パワーハラスメントは看過できないし、父のこともあるので、反抗はぜずにクールに相手を蔑むだけだ。パワーハラを受けた相手がどんな気持ちになるのか、理解できているのだろか?理解できていないから、パワーハラ行為をするのだろう。上下関係だけで、叱るのは最低の行為。こんな行為(パワーハラスメント)は負の連鎖を生むだけ。

 数年前に、頭ごなしで、怒られた。私の行為をとがめられたが、その行為に至った理由は聞かれなかったように記憶している。個性を無視するのは、困ったものだとしか、言いようがない。

 まだまだ、良い人には、成れそうにない!

 

|

« Y君 お見舞いの続き | トップページ | 確定申告をしました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Y君 お見舞いの続き | トップページ | 確定申告をしました。 »