« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月23日 (水)

ひさしぶりに京極で、うなぎを食する。

Img_2638r  お昼前に、電話があった。Kuniyanです。暇すぎて殺されそうと訴えたところ、お昼を一緒に食べることになった。
 
 
  最初は、新京極の蛸薬師を左に入ったところへ行ったが、本日はお休みだった。そこで、足を伸ばして、六角にあるうなぎ屋へ行った。
 
以前、行ったことがある店で、昔ながらの下足板がある店で、下駄箱に履物を預けて、下足板を頂く、方式。以前、三嶋亭(牛鍋・すきやきで有名)のそばを通ったときに、下足番の方をみたことがあった。
 
Img_2639r 肝吸いは別だったので、注文した。注文の品は、うな丼・特 (3,500円くらい?)それと肝吸いの2品だった。
 
 
 今日は、ふたりとも完食できた。まだまだ若いようだ!

20180508001_000016_3

 
 
   

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

ころ柿

Dsc02664r_2

今年のお正月は3種類のころ柿が楽しめた。
 
 いつも、暮れに頂く、
1)金沢の上等な一品 
2)嫁さんの自家製 
 
Dsc02665r_2 3)そして今回から新たに
    加わった一口サイズの
     ころ柿。
 
 大きさは、4cm*2.5cm
 
 兄貴の嫁さんが作った。柿自体が、小さく、手間が大変な一品。うまく、白い粉が吹いていて、食べてくれ! と可愛らしい表情を見せている。
   
   
 
 

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

89年製 KD-254X 三菱製ファンヒーター 終わり

20190119  ファンヒーターが【強】で動作している時に、電源が切れてしまう。

 3回目になると思うが、分解してフレームロッドの全体を磨いてみた。結果は良好で、持続してファンヒーターが【強】でも使えている。

 フレームロッドを磨いた時に、上図の炎側ではなく外側のみを磨いた。これが失敗。改めて調べてみると、フレームロッドとバーナ側との間で、電気が流れて、燃焼状態を監視するようだ。最初に、フレームロッドの動作原理を調べておけば良かった。

 こんなことで、気落ちしてしまって、気持ちが前向きになれない。歳のせいか?

| | コメント (2)

2019年1月17日 (木)

89年製 KD-254X 三菱製ファンヒーター 続き

1)燃焼開始しても、定常状態にならない。
  なんども、点火を試みる。
2)一旦、定常状態で燃焼しても、
  燃焼が持続しないで、途中で燃焼が停止する。
 
 いろいろネット調べてみると、燃焼を感知する燃焼センサー ( センサー・フレームロッド ) がうまく動作していないようだ。燃焼センサーを磨けば、良いようだ。
 

Photo_2 そこで、このセンサー・ただの金属棒。これを紙やすりで磨くことにした。以前、このファンヒーターを分解掃除をしたことがあるようだが、忘れてしまった。今回は燃焼部分手入れのための写真を撮っておいた。
 
  いっぱいネジがあるのだが、燃焼部分の手入れには、4ヶ所のネジとコードを固定しているネジ・1ヶ所。さらに、燃焼部分を固定しているネジ2ヶ所。
 
 合計7ヶ所のネジを外して、白いケースを捻じれば、燃焼部分が露出する。
 
 
Photo_3 燃焼センサーの部分は金属棒。これを紙やすりで磨いた。ついでに、スパークプラグ(?)これも磨いておいた。
 
 一番下の写真の部分に、灯油を気化するヒーターを掲載しておく。これが結構、熱い部分。
 
 こんなんで、無事に修理を終えた。
 
 
 さっそく、点火してみると、燃焼開始後、すぐに燃焼センサーが働いて、燃焼が持続するようになった。さらに、温度設定は購入時と同じように設定でき、途中で燃焼が停止することは無くなった。どうやら、修理完了のようだ。
 
 
 
 

| | コメント (2)

2019年1月14日 (月)

89年製 KD-254X 三菱製ファンヒーターの掃除

Dsc02648r
 
 
 
 
 
 
 
 
 1989年製の古い石油ファンヒーターの調子が悪い。 
 
1) 異常燃焼で、動作が停止
2) 一旦、燃焼開始するが、
   数秒後に燃焼停止、
   その後再度燃焼開始して
   定常状態になる
 
 とりあえず、裏のファンモーター部や、表のパネルを外して、掃除をした。
 
掃除の内容は、1)綿埃の除去 2)燃焼筒の清掃(ホコリの除去)
 
 使ったものは、工具以外では、1)エアー缶 2)掃除機 3)雑巾  多分、今まで掃除をして、ホコリや綿埃を除去したことが無かった。結果は良好で、修理できたようだ。
 
 本来なら、ここで買い替えが望ましいと思う。火事が起きても、メーカーの保証外の使用年数だ。異常燃焼の原因が燃焼筒に付着したホコリ・ゴミによる温度上昇と思われる。
 
 やはりネット時代なのか、YouTubeに掃除方法をアップしている方がいた。
 
 
 

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

タクシーのナンバーの色が白だった!

  先日の大阪城ホールの小田和正のコンサートの帰りのことだった。帰宅時間が遅く、市バスが走っていない時間帯だったので、駅からタクシーに乗った。
 
 その時のことで、並んでいたタクシーの中に、白ナンバーのタクシーがあった。もちろん気持ちが悪かったことや、2台目に並んでいたこともあったので、利用せずに済んだ。
 
 先頭の緑色のタクシーに乗って、運転手さんに聞くと、営業車だそうだ。その理由を聞いたが、すぐに忘れてしまった。それで、改めて調べてみると、東京オリンピックの記念ナンバープレートだそうだ。
 
オリンピック記念ナンバープレート

  ここまでで、「タクシーは緑ナンバー」「白ナンバーのタクシーは違法」ということがおわかり頂けたでしょうか。しかし、最近では前述した「白タク」に間違えやすい、非常に紛らわしいナンバープレートが発行されています。

  それは、東京オリンピック・パラリンピックの開催を記念した特別使用プレートです。エンブレムや図柄が描かれたものとなりますが、自家用車、営業用車共にプレートも地が白色となっています。

  本来緑色の地で表示されるべき営業用車の記念プレートは、緑色の縁で囲われているという相違はあるものの、パッと見た様子ではなかなか区別がつきにくいものとなっています。

交付された理由

  図柄入りのナンバープレートを発行するには、交付金に加えて寄付金も支払う必要があります。この寄付金は、東京オリンピック、パラリンピックの開催に際しての交通整備や公共施設のバリアフリー化に用いられます。

  東京オリンピック、パラリンピックに向けて全国で応援の士気を高めるだけではなく、施設改善への協力も募るという目的でこの記念ナンバープレートは発行されました。
 
 
 

 

| | コメント (0)

2019年1月 9日 (水)

小田和正のコンサートに行って来ました。

 さすが、冬空のコンサートへのお出かけは疲れました。小田和正さんのいつものサービス精神で、開演からたっぷり 3時間 の演奏。  

 さらに、アンコールタイムに現れた スキマスイッチ とのコラボレーションは写真・ビデオ撮影可の案内を小田和正から頂きました。下記のビデオはその時の様子でした。(演奏時間 5分以下)

 まだツアーをするようなことを言っていましたが、こちらが参加できるか不安です。

20190108oda

 上の画像をクリックすれば、コラボが見られます。
 お楽しみください。  

| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

明日は、小田和正のコンサート

 去年の6月、地震で流れたコンサート。明日、大阪へ行く。寒いけれど、風邪対策は大丈夫だろうか?心配だ。

| | コメント (0)

2019年1月 4日 (金)

日本山岳会・京都滋賀支部 新年山行

  恒例の新年山行に参加しました。今回は、藪こぎとなりました。里山には登らないのですね。山は荒れていました。

90047_originalr

 
90049_originalr 今回も、滋賀のエジソンさんには、おぜんざいの接待を受けました。美味しかった!!
 
 

 
  

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »