« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月27日 (水)

阪急・嵐山から烏ヶ岳経由、苔寺へ

 今日はいつもの同行者と、足を伸ばして烏ヶ岳を経由して苔寺まで歩きました。歩いた距離は、8.8Km 。途中、4人ほどの人にルートを聞きながらの山行でした。無事に、林道に降りられ、その後はトボトボ林道を歩いて、いつもの苔寺前に到着。今日は生憎の喫茶店があと少し待てば開店でしたが、待たずに帰宅しました。

2019022701r

20190227data  左図は、最近買ったスマートブレスレットが弾いた、歩いた距離・歩数・消費キロカロリーです。
 
 最初は、歩きモードで、歩いた時間・心拍数・歩数を測ろうとしたのですが、心拍数を常時、計測するようで、電池が持ちそうでないので、断念しました。
   
 少し、歩きすぎたようで、疲れました。次回は、春の三井寺から山科までのお花見と洒落てみます。

| | コメント (0)

2019年2月21日 (木)

なかなかの優れもの 実践編

2019022101 今日、優れものを腕に付けて、西京極球場まで歩いてきた。何もわからずに、Trainningモードを山歩きに設定して歩いた。あとで、データを見たら、消費カロリーの表示がされていた。ここは、歩数の表示が望ましいと思った。だから、歩きモードランニングモードなら、1)歩数 2)心拍数 3)経過時間 の表示ができる。

Img_2672  左のスクリーンショットはiPhoneのショット。帰宅後のデータをみたものです。しっかり、歩数が出ています。

 Trainningモードに入ると、時計を動かすことができなくて、時間がわからなくなりました。時刻表示をすると、Trainningモード でなくなり、再度のスタートになります。それでも、データとしては、残されているので、iPhone を接続すれば、データが吸い取れます。

 今まで、スマフォでフィットネスデータの収集ができるのがわかっていたのですが、面倒くさくて、使っていませんでした。3,000円ポッチで、スマートブレスレットがその機能を実現してくれて、スマフォはそのデータを貰うだけとなりました。

 下図は、アップルのアプリ ヘルスケアー で
 データを表示したものです。

2019_img_2673

  とうぶん、これで遊べそうです!

| | コメント (1)

2019年2月19日 (火)

リレーアタック攻撃 撃退用のビール缶

Dsc02705r  缶ビールの上部を切り取って、筒にしました。そして、その中に車の鍵・スマートキーを入れることにしました。
   

 
   車のスマートキーをビール缶にいれて、ドアーの開閉のテストをしましたが、動きませんでした。上蓋はありませんが、これで十分、電波が遮断されるようです。

Dsc02706r  このままでは、ビール缶であることが、ひと目でわかるので、靴下でくるみました。なかなかの優れものです。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

腕時計バンドの交換

2019021801  思い切って、腕時計のバンドをステンレス製のワンタッチ式(スライド式)に交換しました。これで、従来の革タイプから、デジモノの耐防水機能が生きてきます。ワンタッチで腕時計が装着できるので、便利になりました。
 
 
 
  知り合いの時計屋さんで、割り引いてもらいましたが、3,380円のものに、定価3,300円のバンドをつけました。

 便利さには、お金がかかります。トホホ です。

| | コメント (0)

2019年2月17日 (日)

なかなかの優れもの

2019021701  友人がスマートブレスレットを買って、見せてくれた。値段が3,000円ほどだった。さっそく、このデジモノを買ってみた。
  

 勉強不足で、こんなものが3,000円ポッチで買えると知らなかった。

  機能としては 1) 時計 2) 心拍計 3) 最高・最低血圧 4) 血中酸素濃度 5) ストップウォッチ 6) 万歩計 7) 電話・LINE・SMS 等の通知

 ただし、スマフォとの連携が必須だった。
 製品名:Bakeey S2 ¥3,380円
  購入の決めては 

1) バンドが交換できること 
2) 簡単に、充電できること 

 普段、使う分には、スマフォは要らないようだ。

スマートブレスレットとは・・・

紹介ページはこちらです。

 

| | コメント (0)

2019年2月13日 (水)

古希を過ぎて、調子が良くない。

 表題のとおり、最近は鬱ぎ込むことが多くなった。懸案の確定申告を済ませたら、少しは前向きになれた。やはり達成感が充足していないせいで、鬱いでいるのかもしれない。
 
 今日、友達を誘って、昼飯を一緒に食べに行ってきた。お互いに年齢のせいか、2時間以上も、だべっていた。次回も、食事の約束をした。3月のお彼岸前かその後くらいに、八鹿の友達のところへ行く約束をした。ついでに、岩倉まで車を走らせて、K君の家に行った。あいにく、インフルエンザで、寝込んでいた。顔だけ覗いて、その後は、家まで送ってもらって帰宅した。
 
 先日、山の先輩から電話がかかってきて、今月の終わりの27日に、いつもの嵐山から苔寺まで歩く約束をした。
 
 なんだかんだで、忙しくしないと、鬱ぎ込むようだ。他力本願で、がんばってみよう!!

| | コメント (0)

2019年2月 9日 (土)

デジタル遺産の整理 続き

 いろいろ調べたら、
 パスワードのリセットができそうになった。
 
 深夜だったので、LINEよりも、メールで連絡した。
 
 翌日、連絡があって、急逝した知り合いの息子さんが、
 パソコンを動作させることができた。
 
 これで、ビールゲットの話が無くなった。残念です!

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

ゴールポストの移動

Bloomberg_yahoo001
 暗黙の了解とか、タブーとして、公式に天皇を批判することは、許されないし、GHQも天皇を戦争犯罪人として、処罰しなかった。たぶん、これは日本人の総意。
 
 この前、天皇の謝罪を要求したのは、韓国大統領・李明博 だった。今回も、日本の天皇による元慰安婦への謝罪 なる記事が出た。
 
 これって、日本人には、微妙な問題がわかっているのだろうか?
 
 
 天皇を擁護するわけではない。昭和天皇を責めるなら理解もできるが、今上天皇とか、未来の天皇に謝罪を求め続ける、理屈がわからない。ましてや、戦後生まれのかの国の方の発言は理解できない。 
 
  坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い の例えだろうか?
 
  まだまだ、理屈よりも、情緒を大事にする民族なら、スエーデンの賞は遠いと思われる。( また、 ゴールポストの移動を試みている )
 
 
  韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は、日韓間の長年の懸案である従軍慰安婦問題が日本の天皇による元慰安婦への謝罪の一言で解決するとの見解を示した。(Bloomberg)
 
 

|

2019年2月 7日 (木)

デジタル遺産の整理

 LINE電話がかかって来た。ほんの二時間前にパソコン購入の相談を受けたばかりだった。
 
 内容は、知り合いが急逝してしまった。そのパソコンが動かない。メールを動かしたいが、なんとかなりませんか?
 
 以前、同級生の急逝した甥っ子のパソコンのデジタル遺産を整理したことがあった。どのようにして、パスワードを解析したか忘れた。
 
 自宅へ、そのパソコンを持ってくれば、なんとかなると、言っておいた。これで、缶ビールがゲットできそうだ!
   
 ID・パスワードはマイクロソフトのメモ帳に書き込んで保存している。これをUSBメモリーに保存しておけば、良いのだが、まだ実行していない。

| | コメント (0)

パソコンの購入相談

  LINEで、パソコン購入の相談があった。、取っ掛かりは、【awasan、私、マイクロソフトアカウントを持っている? 】 だった。よく聞いて見ると、パソコン購入の話。
 
 LINE電話を30分して、そのあとに話した内容をメールするで、終わった。
以下がメール内容です。
 
 相談されるのは、有り難いことです。
2019020701
      
   

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

小遣いの減額と某所への寄付

2019020300

 タバコ代が不要になって、毎月の小遣いがあまり出した。余ったお金を貯金したら、かなりの額になった。

 それとは別に、嫁さんが古希になった。お祝いの食事会も無かったので、思い切って金銭を渡した。結構な金額で、原資は禁煙による浮いた金額。娘にLINEで連絡すると、私が渡した金額は一桁、多かったようで、母・娘で会話していたようだ。

 タバコはなんとか、吸わなくて済むようになっている。それでも、吸いたくなることがあって、手持ちのチャンピックスを半分だけ服用している。努力せずに、禁煙できるのは有り難い!相変わらず、ヘタレな自分です。

 先日も、タバコが吸いたくなって、45日ぶりにチャンピックスを服用した。まだまだ、薬が手元にあるので、安心。

 先日、山でお世話になっている方と初詣山行でご一緒した。タバコが好きな方だったのだが、タバコを吸っていなかった。お聞きしたところ、心不全?不整脈?が出て、タバコをやめたそうだ。もちろん、私のような、ヘタレではないので、禁煙と戦いながらの禁煙だった。頭が下がる!!!命のやりとりをしないとタバコがやめられないのは、悲しい。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »