« リレーアタック攻撃 撃退用のビール缶 | トップページ | 阪急・嵐山から烏ヶ岳経由、苔寺へ »

2019年2月21日 (木)

なかなかの優れもの 実践編

2019022101 今日、優れものを腕に付けて、西京極球場まで歩いてきた。何もわからずに、Trainningモードを山歩きに設定して歩いた。あとで、データを見たら、消費カロリーの表示がされていた。ここは、歩数の表示が望ましいと思った。だから、歩きモードランニングモードなら、1)歩数 2)心拍数 3)経過時間 の表示ができる。

Img_2672  左のスクリーンショットはiPhoneのショット。帰宅後のデータをみたものです。しっかり、歩数が出ています。

 Trainningモードに入ると、時計を動かすことができなくて、時間がわからなくなりました。時刻表示をすると、Trainningモード でなくなり、再度のスタートになります。それでも、データとしては、残されているので、iPhone を接続すれば、データが吸い取れます。

 今まで、スマフォでフィットネスデータの収集ができるのがわかっていたのですが、面倒くさくて、使っていませんでした。3,000円ポッチで、スマートブレスレットがその機能を実現してくれて、スマフォはそのデータを貰うだけとなりました。

 下図は、アップルのアプリ ヘルスケアー で
 データを表示したものです。

2019_img_2673

  とうぶん、これで遊べそうです!

|

« リレーアタック攻撃 撃退用のビール缶 | トップページ | 阪急・嵐山から烏ヶ岳経由、苔寺へ »

コメント

投稿: | 2019年2月23日 (土) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リレーアタック攻撃 撃退用のビール缶 | トップページ | 阪急・嵐山から烏ヶ岳経由、苔寺へ »