2019年10月13日 (日)

誕生日 お祝をしました。

20191012133r  いつもの松茸を娘が、お姉ちゃんように買って来てくれました。カナダ産で、松茸の香りがします。料理は、簡単に、ホイル焼きです。

 

20191012132r  ホイル焼きで、出来た汁を白ごはんにかけて、松茸を備えれば、簡単な松茸ごはんになりました。
  

 
 上の写真は、焼き松茸です。久しぶりの松茸、美味しかったです。 

 20191012131r

 メインは、お姉ちゃんの好きだった、ハンバーグでした。

 

 

| | コメント (2)

2019年4月30日 (火)

平成から令和へ

私の年齢が大いに関係することだけど

平成に亡くなった親・肉親・親戚 を

数えて見たら、八人いた。

明日から令和、三週間後には自宅から通院。

新たなスタートを令和から切れるように

頑張ろう!

 

 

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日)

今日は鮭の日

2018111101 今日は鮭の日、
魚の横に十一が2個並んでいます。漢字文化の国です。
   
  中国では買い物の日、毒されて、やがて日本でも買い物の日になるでしょう!だって、【 消費は美徳 だもん!】
            
 
 

 

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

五年ぶりの天喜へ

Img_2381r_2  亡くなった長女の誕生日に合わせて、五年ぶりに天喜でお昼を食べた。いつもは松茸を買って、焼き松茸・ご飯・お吸い物の夕食。娘から、今年は久しぶりに天喜に行って、食事をしたいとのことだった。

 

  毎年、五月の母の日に、おふくろと天喜で食事をしていた。ホームに入ってからは外食が出来なかった。

Img_2389r  少し値上がりしていた。一番お利口な3,500円を頼んだ。以前は、デザートがついていなかったが、値上げ後はデザートが付いていた。ちょっとお得だった。

 早いもので、生きておれば、42歳になる。

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

今日は父の日

2018061702  去年の誕生日に、財布を所望したのだが、今日の父の日にLINEで送って来たメッセージ・・・・
父の日、おめでとう。
小田和正のコンサート
チケットは父の日の
プレゼントです。

  チケットを喜んでいるのは、嫁さんです。私の欲しいのは、財布です。ぐちが出る、今日このごろです。

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

誕生日

2017100901 亡くなった娘の誕生日がやって来た。早いもので、今年で40歳になる。

 私は、誕生日が来れば、71歳になる。

 今年は、二十五回忌が出来た。次は、三十三回忌になる。

 光陰矢の如し、時が経つのが、早すぎる。

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

百寿と古希のお祝い

201608121  昨日、甥っ子・姪っ子・娘が、百寿と古希の祝いの食事会をしてくれた。
いつもなら、私が食事会の音頭をとるのだが、祝って貰うせいもあったので、こんな次第になった。

.
 食事は、京都ホテル(古い名称)での中華料理で、大勢・9人で食べると、食べ物も美味しく、母の食欲も旺盛だった。来年からは、食事会を毎年することに決まったようだ。

201608122 姪っ子と娘が、【 究極の杏仁豆腐 】に惹かれて、
メニュー内容を決めたそうだ。

確かに、この一品の味は、
妙なるものだった。

.

 七月の娘の命日のお墓参りから始まって、盆のご先祖さんへの墓参り、六道さんへのご先祖さんのお迎え、棚経まで来た。あとは、ご先祖さんの送り火を残すのみになった。京都の夏は、いそがしい。

| | コメント (0)

2016年2月16日 (火)

バレンタインチョコを頂きました。

今年も、バレンタインチョコを頂きました。

好物のナッツチョコです。
ゆっくりと頂きます。

20160216_011730169__320160216_012622202_iosr_2

| | コメント (0)

2015年12月13日 (日)

母の誕生日

 昨日は、母の99歳の誕生日会だった。本当は、今日が誕生日だった。骨折してから、有料老人ホームに住んでいる。親不孝者の私が、母に会ったのは半年ぶりだった。老いた母を見るのはつらいです。

 直前にお風呂サービスを受けていて、そのサービスの確認に、母のサインが必要だった。母のサインを見ていると、しっかりと自筆で苗字を書いていた。( 安心 )

Dsc00527r

 娘の言葉で、”息子が来ると、しゃっきりする” が心に刺さりました。

| | コメント (2)

2015年3月21日 (土)

1995年 1月17日 そして 3月20日

 1995年3月20日の霞ヶ関・サリン事件のことで、
同窓生のMLで3人が寄稿していた。

下の娘の卒業式で会社を休んで、難を逃れた。

京都の会社に勤めていたが、
客先回りで東京にいた。

 ずーと京都に住んでいるので、この事件の前に起きた
「阪神・淡路大震災」のほうがショックだった。

 3月20日のサリン事件で、震災が忘れられたようで、失望感が広がった。この時、この震災から、福島の原発も何かを学んでおけば、良かったように思う。

 人間が起こした事象は解決策があったと信じている。
サリン事件と称するよりも、一連に犯罪は、オーム真理教による、クーデター!

 毎日、テレビを見ていると、いつの頃からか、 1) おもたい内容の話  2) まじめな話が、受けなくなったようだ。おもしろおかしいことが、好まれるようだ。

 ひとは、苦痛を感じるとか、考えないといけない事柄に苦手なんですが、ここにを乗り越えるところが、人間らしいところ?

| | コメント (0)