2018年11月 9日 (金)

BTS、Mステ出演見送り 原爆描いたTシャツ着て波紋

2018110901 今日のネット・朝日新聞から上記表題の記事があった。内容がわからないのでグーグルさんに聞いてみた。

 普通、朝日の韓国関連記事は、一面トップに掲載されることは稀で、特に日本にプラスの記事はトップに掲載されることは少ない。(経験的に、かつ”逆も真なり”です)今回は一面トップだった。読売の記事のみ一面トップには無かった。

2018110904  左がTシャツのプリント柄です。この内容が問題にされたようです。この内容の解説までは、新聞記事には無かった。

 極めて不親切で、消化不良を起こしてしまった。

 仕方がなく、グーグルさんに聞いてみた。ここのページがよく書かれていた。

このブログです。(掲載者に感謝)

英文は:PATRIOTISM OURHISTORY LIBERATION KOREA

「私達の(歴史的)愛国心が韓国を解放した」 と言う意味らしい。

PATRIOTISM  【名】    愛国心  (パトリオットミサイルの語源)
LIBERATION   【名】   人や組織などの〕釈放、解放、自由化
                               Liberty 自由

使用されている写真は2種類あって、

1)広島原爆投下直後の航空写真 
2)日本の敗戦直後の韓国(?)の写真

 広島原爆投下直後の写真の使用はまずいだろう。
 人の痛みがわからないのは、人間としてどうなんだろう。

 参考までに、ブログの抜粋を掲載しておく。(この作業は、新聞社の不親切のためにしかたなくしています(笑))

Our_history___001r

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

細断か? 裁断か?

  昨日10月7日の新聞で、下記の表題の記事があった。

     1億5000万円の絵画が落札直後に自動細断 
     英、芸術家のいたずら

 おもわず、(細断) の漢字に違和感を持った。

 調べてみると、裁断→細断 が生まれたようだった。もともとは、こんな漢字は無かったが、新たにこの漢字が生まれたようだった。辞書にはまだ無いが、広く使われている状態で造語。英語のシュレッダーから生まれたようだ。

 言葉は、進化するのですね。

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

今は言うだけトランプ,昔は言うだけ上祐

 昔、言うだけ上祐 の言葉が流行った。今は、言うだけトランプ のようだ。つくづく、トランプの発言は疲れる。目にとめなければ良い。ネットの新聞を見ていると、トップに出てくる。どうしても、目に入る。アメリカ国民は、疲れないのだろうか?

 ブッシュ(息子)の時は、昔よく町で見かけたキリスト教の伝道師の話し方に似ていて、ヘキヘキした。話を信じなければ、人でないような雰囲気のしゃべり方だった。

 歳をとったせいか、日本式の発想(有言実行)しか理解できないようになったようだ。

「ああ言えば、じょうゆう」(言うだけ上祐)

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

新聞記事とかETC 

検問避けて通る悪質違反者も(新聞記事から)

 こんな表題の新聞記事があった。検問所を避けるのは、悪質?悪質違反者⇒飲酒運転者であることは間違いないようだが、悪質と決めつけることもなかろー。余裕がないですね。

 私からみれば、自己防衛です。(笑)

新東名高速道の一部の最高速度が110km/hに引・・・・(新聞記事から)

 こんな記事があって、その中身に[ あおり運転 ] が増えるようなことが書いてあった。追い越し車線を走行中、必要がなくなれば、走行車線に移動するのが当たり前で、しなければならないのが法律とかルールと思う。また後ろに後続車がくれば、車線を譲るのがルールと思う。特に前が空いているときは、当たり前と思う。譲らなかったら、後ろから注意喚起のパッシングライトで、これをあおり行為と認識されても困る。車を運転していると、


 道路は、皆で使っているのですが

 自分の道路と思って運転している人が多い。

  公徳心を期待するのは、間違いなんだろーか? ( 悩む )

2017112711  韓国の新聞の日本語版が
ネットで読める。
便利なんだが
読みにくい。

 調べてみたら、1)行間が狭い新聞があった。 2)上から目線の記事が多いことに気が付いた。昔、結婚して新聞を購読するときに、朝日新聞ではなく毎日新聞と契約した。朝日の上から目線が、嫌だった。なんとなく、読んでもらう意識が低いように思う。別に、韓国の新聞だけの問題ではないが・・・・ 

 追伸:自己陶酔の記事 ? 2017/12/09

 書き手と読み手の世代間のズレを感じてしまう。

| | コメント (2)

2017年2月12日 (日)

スペックアップ と スキルアップ

@DIME 2/11(土) 8:10配信  小学館  から

 濱田さんは再び南極へ行くためには自身のスペックアップが必要だという。故障を未然に防ぐスキル、そしてよりよい通信回線の建設方法を学び、もっと隊員の役に立ちたいのだ。

 あいかわらず、不平不満の多い若輩ものですが、上記の記事の【 スペックアップ 】に引っかかってしまった。

 ものに対しては、【 スペックアップ 】 を使うのは許されるが、ここは、【 スキルアップ 】 でしょう。

 単語には、女性名詞・男性名詞・物質名詞 がある。日本語の場合は、区分けははっきりしないと思うが、英語なんかは、はっきりしている。

 会話では、意味が通じれば良いが、文章にすると、このへんのデリカシーが要求されると思うが、如何でしょうか?

| | コメント (0)